フォトアルバム

最近のトラックバック

金魚

  • 白出目金
    烏丸大丸「アートアクアリウム展 ~京都・金魚の舞~」で撮った写真です。

鳥羽水族館・パラクロ編

  • その8
    THANATOSシリーズ『パラダイス・クローズド』に登場した生物たちです。

鳥羽水族館・フォーク編

  • ガーパイク・顔
    THANATOSシリーズ『フォークの先、希望の後』に出てきた生物などです。

鳥羽水族館・その他の生物

  • スッポンモドキ
    作中には出ていないけど撮ってみた写真。

須磨水族館・パラクロ編

  • ハイカラートッティーバック
    THANATOSシリーズ『パラダイス・クローズド』に登場した生物たちです。

須磨水族館・まごころ編

  • グッピー
    THANATOSシリーズ『まごころを、君に』に出てきた生物などです。

須磨水族館・フォーク編

  • ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリー
    THANATOSシリーズ『フォークの先、希望の後』に出てきた生物などです。

須磨水族館・その他

  • カージナルテトラ水槽
    作中には出ていないけど撮ってみた写真。
Powered by Six Apart

新江ノ島水族館

  • シノノメサカタザメ
    新江ノ島水族館で撮った写真。 『パラダイス・クローズド』『リッターあたりの致死率は』に登場するお魚がいくつか。

八景島シーパラダイス

  • ピラニア水槽
    八景島シーパラダイスで撮った写真。 特にどの作品に出てくるとかないけどなかなか面白いことに。

美ら海水族館

  • 美ら海外観
    美ら海水族館の厳選写真です。

アクアマリンふくしま

  • カワウソ
    アクアマリンふくしまで撮った写真です。

名古屋港水族館

  • ペンギン水槽
    名古屋港水族館の厳選写真です。

しながわ水族館

  • アザラシの腹
    しながわ水族館に行ったときの写真です。

myblog Feed

2014年2月14日 (金)

新刊告知

『ただし少女はレベル99』絶賛発売中です。

他にもKindleで、『三人目の名探偵 THANATOS』(Kindle版)

『アリス入城 (THANATOS水槽読本より)』(Kindle版)

同人誌も売っております。

いつの間にかこんなことに!

2011年5月30日 (月)

南国リゾート計画~生き物地球紀行編~

「……親戚がオーストラリアに嫁に行ったけどさ。
グレートバリアーリーフに向けてダイビング免許取るべき?」
「妄想すんな。嫁入り先からグレートバリアーリーフ遠いっつーの。沖縄~北海道間より遠いっつーの」
「……てか、シュノーケリングの後ではとても海水水槽に手を出す気にならん……あれは……無理だ……」
「お前の妄想が1つ打ち砕かれてよかった」

ホテルでグースカ寝ていたこるものさんだったが、真っ昼間にいつまでも寝ているわけにもいかない。
というのは西表の夜は真っ暗。
店は全部6時には閉まる。
孫正義のビッグマウスによりiPhoneが多機能電卓と化している状況。
夜、眠れなくてもやることがないので昼間に遊ぶしかない。

「とりあえず昼メシだ!」
「でもメシ屋なんかあるのか?」

近所に2軒あるうちのもう1軒。
……ガイドブックで調べるまで店の看板だと思ってなかったので、「ちょっと隠れすぎな隠れ家レストラン」に向かう。

「……なあ。これ、ホテルの隣……」

Img_4323

既に大冒険の匂い。

ちなみにこの日、西表島では沢登りに出かけた地元の男性2名が行方不明。
消防団が総出で捜索しており、ラジオ、ホテルのツアー受付、シュノーケリングのガイドのあんちゃん、レンタカー受付のねーちゃん、飲み屋のねーちゃん、全員がその安否を気遣うと同時に

「よそ者は危ないことすんなよここマジで死ぬからな」

と全身全霊で俺たち観光客に釘を刺していたのだった。
(※ちなみにこの男性2名、普通に迷っただけで大した怪我もなく無事保護された。
大層いたたまれない思いをしただろう特に26歳無職の方)

そして俺たちの前に広がるジャングル。
とてもじゃないが1歩も道を外れる気にはなれない。

「第十の晩に魔女は蘇り、誰も生き残れはしない……
楼座、よく森に入って生きてられたな……
そりゃ九羽鳥庵のベアトも死ぬわ」
「ていうかこの森の脇道に入ってから大分経つのに、店が全然見えないぞ……」

孤島を買い上げなくてもクローズドサークルは作れる。
いや、2011年でも津山30人殺しは可能だと悟った。

森の中には、それこそNHKでしか見ないオオゴマダラとかアサギマダラとか何か黒い蝶とか翅が茶色いトンボ(チョウトンボ?)とか飛んでいる。
ちなみに、姉は農学部卒。

「……俺たちさあ、なまじなクイズゲーム程度なら協力して解ける程度の情報強者のはずなのにさっきから全然生物の名前がわからないぞ……?」
「生態系が……生態系が違う……」

昼メシ食いに行くだけのつもりだったのでカメラを持っていなかった2人。
すごい敗北感。
でも意外に蚊に刺されなかったのは幸運なの?
ここでダニにやられたら命の危険も覚悟した方がいいと思っていたが。
進化論学者ウィリアム・ハミルトンは2000年にコンゴでフィールドワーク中にマラリアで死んでる。

そしてたどり着いた店は、「昭和から時間の止まった喫茶店」。
俺は一応地元っぽいそうめんチャンプルーを頼むが、姉はどう見てもレトルトのカレー。

「それでいいの?」
「だってお腹疲れないか?」
「……まあ、確かに」

そうめんチャンプルー、ゴーヤ入ってたらどうしようかと思ったけど入ってなかった。
うまかったけど油がきついのと、豚肉入ってるのに謎の魚肉(シーチキン?)も入ってるのがすげえ不思議だった。
そして好き嫌いしてるわけではないのだがにんじんが余った。

昼メシを食い終えると、老父母と合流。
とりあえずホテルのレンタカーを借りて走り出すものの。

「これ……ナビ?」

受付のねーちゃんは「ナビはついていません」と言ったのだが、ナビのような液晶が。
しかし操作方法が全くわからない。
そもそも道が島を1周する1本しかない(脇道はほとんど私道か農道)ので現在地を示してくれるようだが、ときどき電子音を発するだけで何が何だかわからない。
しかも借りたニッサンマーチ、「走れればいいだろう」と言わんばかりにボッコボコに傷だらけなのはいいとして、ブレーキを踏むたび謎のブザーが鳴る。
確かに後ろの車にはブレーキを踏んだことを知らせるべきだが、踏んでる本人に知らせて何がしたいのか意図がよくわからん。

それでも異様に燃費のよかったこのマーチ。
返すときにガソリンを満タンにするのにかかった費用は800円。
ほぼ島を1周したのに800円。
レンタル代も入れると3800円。
いや、確かに美ら海は往復4時間で200kmばかり走ってる計算になるんだけど……
こうも違うの……?

とりあえず行くところはあんまり、ない。
「西表野生動物保護センター」なるところくらいしか目標がないが、閉館が4時。
出発したのは何だかんだで3時。
結構ギャンブル。

「まあほら。入っちゃえば追い出されるまでいていいわけだし」
↑シンガポールでこれをやったら、閉館の瞬間に電気を消されたことがある俺。

そうして走り出す。

……地元民の車が、ゆっくりか荒いかの2種類しかいない……
あんなに道を譲られたことってこれまでの人生にないぞ……
何せなにわナンバーはどんな状況でも笑顔で減速せずに突っ込んでくるし、実はメチャメチャ交通マナーの悪い京都の車間距離は5センチだからな……

「まあイリオモテヤマネコはランダムエンカウントしかないし、島の住民でも滅多に見れんって話だからあんまり期待しないとしてだ。
何か楽しいイベントあればいいけどなー」

と言った先から対向車線に何か落ちてる。

……ヤエヤマセマルハコガメだった。
行きすぎてものっそい慌ててブレーキ踏んで、カメラ持って戻ったらもういなかった。

「ちょ、ちょっと待って!? あのカメあっち向いてたよな!? 進行方向この辺だよな!? もう影も形もないぞ!?」
「ネコは無理でもカメは追いかけたら写真撮れると思ったのに!?」
「カメはええ!」

というわけで写真はない。
が、イベントとしてはオイシイ。
その後、地元民に倣ってゆっくり運転で道路を見つめたが、二度とセマルハコガメが現れることはなかった……

そうこうしているうちに野生動物保護センターへ。
交通事故に遭ったヤマネコを治療する目的の施設だが、治療ネコは展示していない。
映像のみ。

博物館でないので入館料無料で、電気はついててもクーラーが入ってない。
(※喫茶店はクーラーも料金分とばかりにガンガンかけてた)
博物館でないので学芸員でなく「スタッフ」
治療ネコの映像、「見たい方はスタッフにお申しつけください」と書いてあるもののスタッフの姿がない。
てかテレビを青画面でつけとくくらいなら、いっそ消すか映像流しっぱにするかどっちかにしろよエコ的に。

非常にやる気のない施設だが、置いてある資料は面白かった。

「なぜヤマネコは車に轢かれるのか? それは道路においしいものがあるから!」

車に轢かれた他の動物の死骸を食べてて、自分も車に轢かれるらしい。
他にも固有種の説明があって楽しいが、よく考えたら昼間の喫茶店のトイレのドアに

「こいつらは西表の固有種じゃありません! 危険外来種です!」

とカエルやイグアナの写真が賞金首の海賊の手配書みたくベタベタ貼ってあった。
おお、最後の聖域西表……

まあそれでも15分も見れば終わる。
次に目指すは仲間川のマングローブ林。
丁度、日暮れとともに潮が引き、シオマネキやらトビハゼが見られるはず。
そりゃ水族館どころか茨木観魚園でトビハゼとかマッドスキッパーとかムツゴロウとかバンバン売ってるけど、やっぱワイルド個体を見たいではないか。

「……え、でもこれ、仲間川、駐車場ないぜ? 海岸の浜辺の遊べそうなとこにはちょこちょこ“P”って路駐コーナーあったのに」

農道に迷い込んだり、遊覧船の駐車場に迷い込んだりしながら、そのたび地元の人に道を聞いて何とか生コン工場と墓場の間の超一方通行道路を上って川縁に到着。
人情が温かい!
墓場がすごい!
シーサーは墓に何か入るのを防いでるのか墓から出るのを防いでるのかどっちだ!
ここで生きてないものに出会ったら何のお経を唱えればいいんだ!
幸いヤギくらいしかいなかったけど!
野良? 飼い?

しかし川縁、降りるところがなかったのでズームしてもこんなん。

Img_4300

わかるか、白いのがシオマネキのハサミだ。
トビハゼに至っては跳んでるときしか存在を確認できない。
でも、「何かいっぱいいた」

Img_4302

「……俺、衝動的にマダガスカルとかガラパゴスとかに行く前に西表に来てよかった。
絶対、どこもここよりひどいに決まってる」
「こるものさんはこの旅で少し賢くなったね」

ぼくたーちのー中にーあるー小さーなー宇宙ー♪
大自然に圧倒された1日が終わる。
でもまだ旅行記は続く。

2011年4月 1日 (金)

THANATOS6立ち読み版

THANATOS6鋭意執筆中です!
ここでブログ読者様限定・名シーン立ち読み企画! フライングで原稿の一部をご覧ください!
(※過激な表現がございます。一部読者の方は不快感を覚えるかもしれませんが、閲覧は自己責任でお願いします)

------------------------------------

 チャイムが鳴ったとき、心臓が停まりそうになった。

下着1枚の格好だったから、無視してもよかったのかもしれない。だがドアスコープの向こうに見えたのは同僚の姿だ。――出ないわけにもいくまい。

「……何だよ?」

  チェーンをかけたままドアを開けたところ、佐倉宗一は高槻の表情に何かただならぬものを感じ取ったのか、一瞬しかめっ面をした。

「いや、頼まれてたDVD焼けたから持ってきたんじゃねえか」

「ああ、どうも」

 差し出されたプラスチックケースをもぎ取るように受け取る。

「用事はそれだけか?」

「いや……最近お前、無断欠勤が多いから風邪でも引いてんのかと思って。実際、顔色悪いぞ?」

「余計なお世話だ」

 吐き捨ててドアを閉める。――そんな自分に嫌気が差した。佐倉が悪いわけではないのだ。

「刑事さん、トモダチに冷たくない?」

 部屋の奥からせせら笑う声がする。――仕切りもない1LDKだ、下手をすると全て丸見えだ。

「他に一体どうしろって言うんだよ」

「佐倉も混ぜてやればいいじゃん」

「馬鹿言え」

「何、嫉妬した?」

 ――悪魔め。

ベッドの上に寝そべったまま、少年が笑っている。華奢な裸身を隠すのは灰色のボクサーパンツ1枚だけ。

こんな生活を始めて、果たして何日目だろうか。ローテーブルにはカップラーメンの容器が山積みになり、ゴミ箱はティッシュでいっぱいだ。

「もう、やめないか」

「何で。先に誘ったのは刑事さんの方じゃん」

 ――ああ、そうだとも。

「真樹と一緒にいたくない」と彼がやって来たとき、受け入れたのは高槻の方だった。少年の気紛れな、ちょっとした家出なのだと思った。

 珍しいDVDが見たいと言ったので、見せたのも高槻の方だ。――それがどうしてこんなことになったのか。いつの間にかおかしな雰囲気になって、もう何度絡み合っただろうか。

 それ以前に、目の前のこれは一体誰なのか――来たときは、確かに美樹だと思ったのだ。髪もつやつやと黒い。

「ねえ刑事さん、もう1回しようよ」

 高槻が答えないと、少年はむくれたが、すぐに口の端を上げて濡れた声でささやく。

「お願い、高槻さん」

 ――動揺が表情に出てしまったのだろう。返事をしなかったのに、少年は腹を抱えてげらげら笑い出した。

「何だ、こう呼ばれる方が弱いんだ。オーケーオーケー、それならそういうことで。ね、高槻さん? しよ?」

 怒りが、ある種の衝動に変化する。高槻は少年の首を押さえ、体重をかけてベッドに押さえつける。細い脚を掴んで開かせ、身体をねじ込む。

「じゃあやってやろうじゃないか。後悔するなよ」

「後悔させてよ、大人のテクでさ。ずっとオレばっか動いてるじゃん。せいぜい昇天させてよ」

 からかうように笑う少年の唇を、高槻は強引に塞いだ。

(※この日記は2011年4月1日に作成されたものです)

続きを読む »

2010年9月20日 (月)

久しぶりに

うわあブログ2ヵ月ぶりだよ!
ツイッターには毎日いるのにね!

というわけで本当はTHANATOSの資料を読んだり領収書を整理したり10月のいろんなイベントに備えたりしなければならないはずのこるものさんですが、8月に原因不明の体調不良でブッ倒れ、血液検査でも異常がわからず、9月になって普段に比べればはるかに空いていたであろう大哺乳類展・海編で行き倒れかけたり図書館で調べ物をしただけでその後半日起き上がれなかったりわけのわからない生活をしております。
助けて東山紀之!
GMはいいドラマだったよ! 少なくとも構成とキャラ萌えに関しては。
さあ萌えろって属性だけ置かれても萌えないものも多いんだから、ちゃんと萌えるってそれだけで素晴らしいぜ!

というわけで連休中は出版社と印刷会社が休みなのでうみねこep3とかやってます。
ベアトかわいいな屈服させたいな。
ちなみにトリロジは全話クリアしましたが、キャンペーンは1個も当たらなかった☆

所詮こるものさんはこるものさんであった。

2010年7月28日 (水)

近況報告

原稿書いたりバイトしたりゲームしたりiPad買ったり目の回るような忙しさです。
ところでAKINATORに立花美樹が入っていると聞いてやってみました。

なぜか俺の結果は“いーちゃん”
何度繰り返してもいーちゃん。
何という屈辱!

しかしいろいろと問題があった。

・「高校生ですか?」←年齢としてはそうですが通ってません。実は学校には通っています
・「姉妹がいますか?」←立花家には娘がいる記述だけはありますが登場していないので読者が覚えてるかどうかわかりません
・「不思議なパワーを持っていますか?」←俺にもよくわかりません
・「人を殺したことがありますか?」←アレをカウントしていいんでしょうか?

俺は何一つ美樹のことを読者に伝えられていないことが発覚。

ちなみに「不思議なパワーを持っている」をイエスにするとしゃばけシリーズの一太郎が出てくる。

2010年4月21日 (水)

近況報告

5月9日インテックス大阪は6号館Aゾーンけ19a、5月23日文学フリマはA-19です。
どちらも「汀こるもの」で参加します。

……最近、「メフィスト賞作家汀こるもの」ではなく「古畑Twitterの汀こるもの」と化している気がする。
Twitterでびじねすちゃんす!
こういう意味だっけ?
スッポンモドキのことまでトゥギャられて生きるのがつらい。

ネタ探しのためにiPhone買いました。
ネタは豊富に出てくるのですが2日目にしてトラブル続きです。
アプリは全部消えるわiTuneはアップデートした途端に故障するわアップデートしてる間DQ9やってたら全滅して稼いだ20万Gが泡と消えるわiTune復活したら何か買ったはずのアプリが出てくるわ意味不明です。
てか携帯電話のくせに説明書が薄いと思ったら全部ググれってか。
さすがジョブズだ、何ともないぜ!

2010年3月 5日 (金)

本当に何やってるんですか、こるものさん。

2010年1月 4日 (月)

あけましておめでとうございます。


三が日過ぎてから何言ってんだよって感じですが。
いえ年末年始も働いてたんですよ?
極限脱出9時間9人9の扉が止まらなくなったときは正直どうしようかと思ったけど。
ド素人だらけの家族麻雀、2時間で3回流局したりしてたけど。
三が日明けてやっと病院が開いたので駆け込んだら前と同じヘルペスの薬出されたりしたけど。
明らかに薬増えてんのに「どうですか? よくなりましたか?」と聞いてくる薬局のあんちゃんはナメとんか。
何のためにおくすり手帳見せてんだ、仕分けするぞ。

というわけでDIY高校生(仮)、3月発売予定です。お楽しみに!
いつまでも「(仮)」がついているのはタイトルがすげー出オチなのでギリギリまで伏せておこうという小賢しい計算です。
THANATOS6巻のプロットまとめないと、てかこれ500枚で何とかなるのか?
あわよくば今年中に7巻まで出したいところです。
一応プロットはできてるんです担当さんお願いします。

えーっと。Twitterで公開したら怖い怖いと言われた我が仕事場・横溝密室の写真を一部ここに。


最も恐ろしい「茶箪笥」。何が怖いって、何が入ってるかわからなくて開けられない。


約30年前の最新型クーラー。夏までにこれを2010年最新型に買い換えないと、死ぬ。


何かすごく見えるが、ただの押入です。
ちなみに中には親戚が遺産相続でもめたときに押し付けられた大量の掛け軸と、「東山魁夷」と書かれたものごっつ胡散臭い箱と夏場しか使わない籐の椅子が入ってます。
(※ちなみに金目のものは、母方の曾祖父が売り飛ばして呑み代にしてしまったらしいので盗みに入っても無駄です。)

2009年12月28日 (月)

緊急。

父、多島斗志之を探しています。

失踪した多島斗志之さんを息子さんが捜しておられます。
(多島さん失踪はヤフーニュースにも掲載されました)
多島さんは銀行口座から現金を引き落とした形跡もなく、この寒い季節ですのでご無事が危ぶまれます。
一刻も早く見つかることを願っています。

2009年12月17日 (木)

近況

すっかり「横溝の部屋」という呼び名が定着したばーちゃんの離れ。
「いくら何でも物騒だ」ということで内側から鍵をつけました。

こんな。

……平成21年だぜ?
氷と糸で密室が作れます。
でもヒーターとこたつを入れたおかげで、おとんの部屋よりあったかい。

……おとんの部屋寒すぎるだろ常考。
何であの人あんなところにいられるんだ。
こるものさんの部屋は4本の水槽とカエルケージで湿っぽいので、長期滞在を想定してスチーム式加湿器も導入しました。
関西ではあんまり必要ないんだけどな、本当は。
(除湿器は持ってるけど)
東京のホテルで加湿器なかったら夏と言わず冬と言わず必ずのどをやられるので、水槽に甘えすぎているのかもしれん。
冷静に考えたらなぜこの加湿器にはペットボトルが必要なのだろう。
1本しか使わないから別にエコじゃないぞ。

今になってDIY高校生(仮)のメインを張る少年の口癖「けったくそ悪い」が泉州弁であったことに気づく。
舞台は関東近郊のはずなのに。